こはるののろのろぶろぐ

コンビニ経営のフランチャイズ方式の内容とは

コンビニは業界トップであるセブンイレブンが1974年、日本におけるセブンイレブンの1号店が東京都江東区でスタートしました。その店主は今まで酒屋さんを経営されていたそうで、当時からすれば将来を見越した大きな決断だったと思います。その1号店はフランチャイズという方式での契約によるものでした。

フランチャイズとはその会社から商品を仕入れたり、運営のノウハウやシステムを導入し、その指導を仰ぎながら直接経営する方式です。お店側は経営をサポートをしてもらう代わりにフランチャイズ料を会社側へ支払う仕組みとなっています。ですのでコンビニ経営はそのほとんどがフランチャイズ方式による運営が多いのが特徴です。一般的にこの方式はFC方式といわれています。

この他レギュラーチェーン方式というものがあります。この方式はコンビニを運営する会社から社員などを派遣し、直接経営するする方式です。生鮮食料品を扱うコンビニや、宅配をするコンビニなど、今後のコンビニの多角化を目指す企業などが実験店をオープンする場合などに見られます。また、コンビニ経営者が見つかるまでの期間、社員が派遣されて経営をするというケースもあるようです。コンビニチェーンはそのほとんどがFC方式を導入し、コンビニ経営をする人材を見つけ、育成しているのが現状のようです。
コンビニ経営についての参考サイト→http://xn--tck5bxa1kr47qiwxc.com/

あいさつ

ご訪問いただきありがとうございます。こはるののろのろぶろぐのブログ主です。
私の日常生活をちょくちょく公開しながら、流行ワードや人気の商品の耳寄り情報を取り上げてことがこのブログの目的です。
HPの経験はまだちょっと少ないので、悪戦苦闘しながら取り組んでいます!
これからは、来て下さる方の為になるような情報をたくさん発信していきたいと考えていますので、何卒よろしくお願い致します!